本使用許諾契約(以下「本契約」という)は、下記に示された株式会社学友社製品(以下「本ソフトウェア製品」または「本ソフトウェア」という)に関してユーザー(個人または法人のいずれであるかを問わない)と株式会社学友社(以下、「当社」という)との間において締結される法的な契約であり、ユーザーは、本契約の内容に同意した場合のみ、本ソフトウェアを使用できるものとします。本契約の各条項に同意できない場合、当社はユーザーに本ソフトウェア製品のインストール、使用、または複製のいずれも許諾しないものとします。
第一条 定義
1.「本ソフトウェア」とは、本契約書が添付されたファイル、光学メディア、その他の記憶媒体に含まれている内容のすべてをいい、次のものを含みます。
(ⅰ) 株式会社学友社または第三者のソフトウェア及びコンピュータ情報
(ⅱ) (ⅰ)に関連する、説明書及び説明用ファイル(以下、「マニュアル」という)
(ⅲ) ロゴ・デザイン・カリキュラム等を含んだ、本ソフトウェアのアップグレード、バージョンアップ、追加ファイル
2.「本ソフトウェアの(を)使用(する)」とは、当社がユーザーに対して許諾した範囲内で、ユーザーがマニュアルに従ってダウンロード、アクセスなどの操作を行い、の本ソフトウェアの機能を利用する事を指します。
第二条 使用権の許諾
1.当社は、本契約書記載の条件に従い、本ソフトウェアに関し、ユーザーに対し次の権利を許諾します。
ユーザーは本ソフトウェア製品をコンピュータにインストールし、使用することが出来る。但し、一つのパッケージからインストールを行う事が出来る許可台数は当社の付与する有効な許諾がある場合を除いて 1 とします。
2.本契約においてユーザーへ許諾される一切の権利は、所定のハードウェアにおける、マニュアルに沿った語学学習を目的とする使用に対してのみ許諾されるものであり、ユーザーはその他のいかなる目的のためにも本ソフトウェアを使用する事は出来ないものとします。
3.本ソフトウェアは、当社からユーザーに貸与するものであり、所有権は当社に留保されるものとする。
第三条 その他の権利と禁止事項
1.リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルの禁止
ユーザーは本ソフトウェアをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルする事は出来ないものとします。万が一これらの行為に起因して本ソフトウェアに何らかの障害が生じた場合、当社は当該障害に関する損害について一切の責任を負わないものとします。
2.改変等の禁止
ユーザーは本ソフトウェアに含まれるプログラムに対して、修正、翻訳、翻案等を行う事は出来ないものとします。
3.本ソフトウェア構成部分の分割・分離の禁止
本ソフトウェアは1つの製品として許諾されており、その構成部分を分割・分離して使用する事は出来ないものとします。
4.使用許諾の譲渡制限
ユーザーは本ソフトウェアの使用許諾を当社の書面による事前の承諾を得る事なく、有償であると無償であるとを問わず第三者へ譲渡(第三者に対する頒布、レンタル、再使用許諾等を含む)する事は出来ないものとします。同様に本ソフトウェア及びマニュアルに担保権を設定する事は出来ないものとします。
5.日本国外への持ち出しの制限
ユーザーは本ソフトウェアを当社の書面による事前の許諾を得ずして、日本国外へ持ち出す事は出来ないものとします。「日本国外への持ち出し」とは、日本国外に存在するコンピュータから何らかのネットワークを通じて日本国内に存在するサーバー等のコンピュータを使用する事も含むものとします。
第四条 知的財産権等
1.本ソフトウェア、当社に関する著作権、特許権、商標権、ノウハウ及びその他すべての知的財産権は(当社が本ソフトウェアの使用に関する権利の許諾を受けた第三者を含む)へ独占的に帰属するものであり、本ソフトウェアの構造、編成、およびコードは当社が保有する重要な秘密情報でありかつ営業秘密である。
2.本ソフトウェアは日本国及びその他の国家の著作権法(国際条約の条項を含むがそれらだけに限定されない)によって保護されており、本契約に明示されている場合を除き、本契約によって本ソフトウェアに関して何らの知的財産権がユーザーに対して付与されるものではない。
3.ユーザーにおいて、第三者が本ソフトウェアの知的財産権の全部または一部を侵害していることを発見した場合、ユーザーは当社に対し速やかに侵害の事実を報告するものとする。
第五条 無保証および免責事項
1.本ソフトウェアは現状のまま提供されるものであり、当社はその仕様または性能に関して何らの保証も行わないものとします。当社は第三者の権利を侵害していない事、本ソフトウェアが商品性、完全性もしくは十分な品質を有する事または特定の目的に適合する事に付き、制定法、普通法、慣習法、慣行その他いかなる法的根拠に基づくとを問わず、また明示、黙示を問わず何らの保証または表明をするものではなく、また条件を付すものではありません。本条の規定はいかなる理由によっても、本契約の満了後も効力を消失しませんが、この事は本契約の満了後におけるユーザーの、本ソフトウェアの使用を継続する権利を示唆あるいは付与するものではないものとします。
2.当社はいかなる場合においても損害、費用、派生損害、間接損害、付随的損害、特別損害、または逸失利益につき、ユーザーに対して賠償する責を負わず、懲罰的損害賠償も行わないものとします。当該損害の発生可能性を当社が予見しえた場合についても同様とします。
3.前項の制限及び排除は日本国の定める該当法上認められる限度で適用されるものとし、本契約に起因または関連して当社が負う責任の総額は、契約責任に基づくものであると不法行為(過失責任を含む)に基づくものであるとを問わず本ソフトウェアについてユーザーが支払った金額を上限とします。
第六条 守秘義務
1.ユーザーは本契約記載の内容及び本契約に際して知りえた情報(本ソフトウェアのURL、ユーザーID、ライセンスキー、パスワード並びにアップデートに必要な情報を含む)を当社の書面による承諾を得る事なく第三者に開示、漏洩しないものとし、さらに本契約における義務の履行、権利の行使に必要な場合を除き利用しないものとします。
2.前項に関わらず、次に定める事項については前項の適用範囲外とします。
① 取得したときに既に公知である情報
② 取得した後、自己の責によらずして公知となった情報
③ 取得以前に自己が適法に保有していたことを証明できる情報
④ 第三者から守秘義務を負わないで適法に入手したことを証明できる情報
⑤ 当社の機密情報を使用、参照する事なく独自に開発したことを証明できる情報
3.前各項の規定は、本契約の解除、期間満了またはその他の事由によって終了したときであってもその効力が持続するものとします。
第七条 契約の解除
1.ユーザーが本契約に違反した場合、当社は、当社からの通知を要することなく本契約を解除する事ができ、この場合ユーザーは本ソフトウェアを一切使用する事が出来ないものとします。
2.ユーザーは、本ソフトウェア及びそれらすべての複製を破棄する事により本契約を解除する事が出来るものとします。
3.本契約が終了するか解除された場合、ユーザーは本ソフトウェア及び本契約に違反し作成されたすべての複製物を当社へ返却、もしくは破棄するものとします。
第八条 ユーザーの個人情報、および使用履歴等ユーザーデータの取り扱い
1.ユーザーは当社がユーザーに関する次に揚げる情報(変更後の情報を含む。以下「個人情報」という)につき、必要な保護措置を講じた上で収集し、利用し、当社が定める相当な期間保有する事に同意するものとします。
① 氏名、所属組織名、性別、生年月日、住所、電話番号、e-mailアドレスなど、ユーザーが本ソフトウェア製品の使用許諾契約に基づき届け出た事項
② 購入製品、ユーザー登録日、契約の更新状況、対価の振込に関連した情報、ユーザーと当社との契約に関わる条項
③ ユーザーが本ソフトウェアを使用する際に記録された音声データ、ソフトウェアの使用頻度などのユーザーからフィードバックとして提出される情報(以下「ユーザーデータ」という)
2.ユーザーは当社がコンピュータまたはネットワークを通じたサービスの提供に関する事業において、次の目的のために個人情報を利用する事に同意するものとします。
① サポートサービスの提供
② 契約の更新案内
③ 当社の製品またはサービスの開発を目的とした分析及び調査依頼に関する通知
3.ユーザーは、当社が前項の各行為を実施するに当たり、秘密保持契約を締結した上で当社の子会社及び関連会社、販売代理店並びに代行業者に対して必要な個人情報を開示する場合がある事に同意するものとします。
4.ユーザーは、当社に対し、自己に関する客観的な事実に基づく個人情報に限り、開示するよう請求する事が出来るものとします。なお、開示請求に当たっては別途当社の定める手続き及び手数料が必要となる場合があります。開示請求により、万が一個人情報の内容が不正確、または誤りであった場合、当社は速やかに当該個人情報の訂正もしくは削除に応じるものとします。
5.前項に関わらず、以下のいずれかに該当する情報については、当社は開示の義務を負わないものとします。
① 当社または第三者の営業秘密、ノウハウなどの秘密情報
② 保有期間を経過し、現に当社が利用していない情報
③ 個人に対する評価、分類、区分に関する情報
④ 当社内部の業務に基づき記録される情報であって、これが開示されると業務の適正な実施に著しい支障をきたす可能性があると当社が判断した情報
6.ユーザーは当社が本条第2項に記載される目的のために個人情報を利用する事につき停止の申し出を行う事が出来るものとし、当社は当該申し出を受けた場合、可及的速やかに利用停止の措置を講じるものとします。但し、本ソフトウェアで提供される正式なサービスを提供するために行う案内、通知に同封または併記される案内等はこの限りではないとします。
7.ユーザーは、本契約が終了、あるいは解除された場合であっても、その理由の如何を問わず本条第1項に基づきユーザー登録を行った事実に関する個人情報が当社により一定期間利用される事に同意するものとします。
8.本条第1項の「ユーザーデータ」を当社が製品の開発、試験に利用する場合、別途契約書によって各ユーザーの意思を確認するものとし、契約を締結する事に同意したユーザーのユーザーデータのみを使用するものとします。また、ユーザーが別途契約書を締結しない事によって当社の提供する正規サービス内容の利用に制限を設ける事はしないものとします。
第九条 一般条項
1.本契約は、本ソフトウェアの使用許諾に関し、本契約の締結以前にユーザーと当社との間になされたすべての取り決めに優先して適用されるものとします。なお、当社はユーザーへ事前の通知を行う事無く本契約の内容及びその他の告知内容を変更出来るものとし、当該変更がなされた場合、従前の本契約内容及び告知内容は無効となり、最新の本契約の内容および告知内容が適用されるものとします。
2.本契約の準拠法は2007年4月現在において日本国の実体法とし、当社が認めた本契約に関連する紛争につき、日本国の東京地方裁判所が第一審の専属的な裁判管轄権を有するものとします。
3.本契約書の内容が他の言語に翻訳され、万が一、翻訳言語と日本語間で言語の解釈に関し疑義が生じた場合は、日本語による解釈を優先させるものとします。
以上